黒ひげの正体とは(なぜ悪魔の実を複数食べれたか)

1. イヌイヌの実モデルケルベロスの能力者

・ケルベロスは3つの頭が交代で眠るとされており、『寝たことがない』『人の倍の人生を生きている』という黒ひげの特徴に当てはまる。
・ケルベロスは音楽を聴くと全ての頭が寝てしまうという欠点があり、ルフィはワンピースの物語序盤から『音楽家』を仲間にすると公言。実際にスリラーバークでブルックを仲間に。
・ケルベロスは甘い物が好物。黒ひげ初登場のモックタウンにてチェリーパイを食べるシーンが印象的に描かれた。
・海賊旗のドクロが3つであり、ケルベロスの頭の数と一致。
・シャンクスが黒ひげにつけられた目元の傷が、
・描写により歯の抜けている箇所が違い、3パターンあることから顔が3つあると考えられる。

2. タコの半魚人

・タコは心臓が3つ、足が8本。海賊旗のドクロ3つは心臓を、クロスした骨は8本の足を表している。
・タコは口が2つある。黒ひげがいつも頭巾や帽子で隠している頭に口があるのではないか。また口が2つあるので悪魔の実を2つ食べられた。
・タコという生物はが西洋ではクラーケンに代表されるように、悪魔の化身として扱われており、敵としてはかなりふさわしい動物。
・ヤミヤミの力はタコの墨を表現、クラーケンは津波とともに現れるという伝説があるため
、グラグラの力もぴったり。

3. もともとは3つ子だった

・海賊旗のドクロが3つ。これは3人の船長=3人の黒ひげを表しているのでは。

4. 多重人格者

・過去にルフィとゾロが『あいつじゃない、あいつらだ』と言っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA